タチが悪い食道がんと放射線治療<GAN.MEII>

女性

大腸がんを知る

先生

患者数も死亡数もかなり多い大腸がん。ですが早期に発見し、治療すれば必ず死に至るような病期ではありません。ステージごとの特徴を確認し、日々の予防と検査に努めましょう。

» 詳しく見る

タチが悪い食道がん

先生

タチの悪いがんとして食道がんがあります。食道がんも他のがんと同じように早期に発見すれば治療が可能なのですが、食道がんは症状が出ないことが多く、進行が早いため、発見が難しいがんです。そのため、タチの悪いがんだと言われています。

» 詳しく見る

放射線治療ってなに?

先生

最近のがんの治療法として、放射線治療をよく聞きますよね。しかし、放射線治療って具体的にはどういう治療を行うのでしょうか。放射線治療について詳しく調べてみました。

放射線は、細胞が分裂するときに必要な遺伝子に働きかけ、分裂をしないようにしたり、細胞が新しい細胞に置き換わるときに遺伝子が脱落することを促すことで細胞を消滅させたり、少なくすることができます。これを、ガン細胞を対象とし、治療法として確率させたのが放射線治療です。放射線治療の利点は手術によって切除する必要がないので臓器をそのまま残したり、臓器の働きを落とすこと保存することが可能な点です。これにより、患者さんへの負担を大きく減らすことが可能になりました。

放射線治療の具体的な方法ですが、放射線治療には体の外から放射線を当てる外部照射と体の内側からガンやその周辺に当てる内部照射に分けることができます。照射の方法は、放射線を当てたい箇所にマーキングをし、照射部位に放射線を当てます。一回あたりの治療時間はかなり短く、10〜20分程度で完了できます。治療計画により異なりますが、1週間に5日の治療を数週間にわたって行うことが多いようです。

こうしてみると一見簡単なように見える放射線治療ですが、放射線の照射量や照射回数などを決定する治療計画のためには医師の的確な判断が必要であり、医師の腕によって手術のクオリティに差が出ます。そう考えるとやはり命を預けるわけですからいわゆる名医に放射線治療をしてもらいたいですよね。名医に治療してもらうためには口コミのチェック等事前の準備を入念に行うようにしましょう。

Recommend Link

  • ようやく出会えたヘルニア手術の名医

    ヘルニアで苦しんでいるならすぐに治療を始めましょう。ヘルニア手術の名医の手にかかれば、レーザーで日帰り手術も可能ですよ。

急増中の乳がん

先生

将来的に女性がかかる最も多いがんになると言われている乳がん。手術法や検査方法など、内蔵のがんとは大きく異なっています。早期に発見すれば乳房を温存する手術も可能なので日々のセルフチェックがかなり重要になります。

» 詳しく見る